独身男性 保険の見直し・選び方

独身男性の保険の選び方・見直し

 

ここでは、独身男性の保険の選び方や見直しについての情報を紹介しています。独身男性の場合は、最低限の保障があれば良いのではないかと思います。しかし、40歳を超えだした場合には、老後の準備や病気への備えなどを充実させていく必要があると感じます。

 

 

独身男性の医療保険の選び方・見直し

 

独身男性の医療保険の選び方、見直しとしては、20歳代、30歳代までの人の場合には、比較的大病をする人も少ないのではないかと感じます。また入院した場合でも比較的早くに退院する事が出来るようです。

 

しかし、少し古いデータですが、平成6年度の国民健康保険医療給付実態調査報告というデータを見ると平均入院日数が、35歳以上になると急に日数が多くなっています。30歳〜35歳の人が46.4日であるのに対して、35歳〜39歳の人は79.9日、そして40歳〜45歳の場合は119.2日となっています。

 

このうように、年齢がある程度高くなると医療保険の備えもしっかりとしておくのがオススメです。

 

 

 

独身男性の死亡保険の選び方・見直し

 

独身男性の死亡保険の選び方、見直しについては、特に子供が居る場合などを除けば、自分の葬式費用程度で充分ではないかと思います。この葬式費用ですが、地域によって大きく金額の差があり、数十万円で足りる人も居れば、数百万円掛かる場合もあるようです。

 

保険に加入する時には、300万円〜500万円程度を勧められる事が多いように感じますが、前もって、葬儀費用を調べておけば、100万円〜500万円程度になるのではないかと思います。もちろん、葬式費用を支払うだけの預貯金がある場合には、死亡保険は必要ないと思います。

 

 

独身男性でも将来を考えた死亡保険・医療保険の選び方・見直し

 

独身者でも年代によって、死亡保険、医療保険などの考えから、選び方には違いがあります。20代で、これから結婚を考えている人もいれば、50歳でパートナーと離婚や死別している場合もあるでしょう。

 

20代などの若い場合には、まだまだ、人生のやり直しが出来ますし、それほど真剣に将来の保険について考える必要はないかもしれません。しかし、40代、50代になると、老後の準備も始める必要が出てきます。

 

 

このように世代によって、独身男性でも保険の選び方、見直し方には違いがありますが、私の個人的なオススメな方法としては、どちらも、あなたが80歳や90歳で死亡するまでの人生を考えて保険を選ぶという方法です。

 

若い時に、現状の保険料の安さのみを優先していると、70歳になれば月の保険料が2万円になるケースもあります。これは、まえもって70歳で保険料が2万円になる事を理解していれば、それに対しての備えが出来ているので問題ないと思います。

 

 

しかし、想定外の事で合った場合には、70歳になっていきなり、毎月の保険料が2万円というのは、生活が苦しくなります。また、収入が多くの人が公的年金のみになるので生活が大変です。ただし、保険料の支払いが辛いので保険を解約すると、70歳以降が医療保険を利用する確率が非常に高くなるので、もしもの時の経済的な不安が増します。

 

このように、将来、後悔しない為には、まえもってシッカリとした計画のもとに保険に加入したり、貯蓄を蓄えたりという事を行なう必要があります。もちろん、30年、40年、50年とかなり未来の先の事ですので、計画通りに行くことは少ないと思います。しかし、出来る範囲で準備を始めるのと、まったく予想も出来ていないのでは大きな違いがあります。

 

老後になって後悔しても取り返しがつきませんので、今から準備をするのがオススメです。もちろん、まだ準備は早いという判断をするのも有りだと思います。どのようなリスクが将来にあるのかを知っておく事が非常に大切になるのではないでしょうか。

 

 

 

無料の保険相談で見直しを行う

保険の見直しを検討しているが、自分で行うのが難しい方、家族の保険を見直したい方、中立的な立場にたって、さらに色々な保険会社の保険商品の中から自分にあった保険プランを提案してくれる無料保険相談が便利です。


メニュー

保険の選び方

ライフステージ別の保険の選び方

家族構成・仕事別の保険の選び方

保険の参考情報

■保険相談先の紹介