独身女性 保険の見直し・選び方

独身女性の保険の選び方・見直し

 

ここでは、独身女性の保険の選び方、見直しの方法などの情報を紹介しています。独身女性の場合は、これから結婚する予定がある人と結婚する気も無い人によって、どのような保険に加入すれば良いのかと言った保険の選び方や見直しが違ってきます。

 

例えば、これから結婚をしたいと思ったいる人、結婚をする予定がある人の場合、若い人の場合は、現状の最低限の保障を準備すれば良いでしょう。しかし、40代などのある程度の年齢になってきた場合には、今後の老後の事も考えた保険プランの作成が必要になります。

 

また、年齢に関係なく、結婚する事さえ考えていない人の場合には、病気や怪我で入院した時に配偶者などの助けを得ることが出来ない分、しっかりと自分で備えをする必要がありますし、また、老後の備えについても自分ひとりで行なう必要があります。

 

 

独身女性の医療保険の選び方・見直し

 

独身女性の場合には、比較的に若いうちから医療保険には加入しておくのがオススメです。なぜなら、女性特有の病気は、30代ぐらいから発症する確率が高くなります。また、結婚して出産した時に帝王切開が行われる確率が昔にくらべて高くなっています。

 

出産すると保険には入りにくくなり、さらに、帝王切開を行なわれると、出産前の時と同じ条件で保険に加入する事が難しくなるケースもあります。場合によっては、保険料が高くなったり、保障額が減額されたりと何かしらの条件が付けられる場合があります。

 

このような事を考慮すると、独身女性の場合には、若い時から医療保険はしっかりと準備しておくのがオススメです。女性特有の病気に保障が充実している女性保険なども考慮しつつ、医療保険とガン保険の組み合わせが良いのか、女性保険が良いのかと言った事を幅広い視野で比較検討して選ぶのがオススメです。

 

 

独身女性の死亡保険の選び方・見直し

 

独身女性の場合には、死亡保険に加入する場合でも、それ程の高額な保険金の死亡保険に加入する必要はないと思います。自分の葬儀費用程度あれば充分ではないかと思います。しかし、将来的に、もしもそれなりのまとまったお金が必要になった時に備えて、それなりの金額の死亡保険に加入して、お金が必要になったら一部を解約してお金を準備する場合には、それなりの保険金の死亡保険金に加入するのも良いと思います。

 

もしも、利率の良い死亡保険があった場合には、税制面での優遇もあるので、定期預金で貯蓄するよりもメリットがある可能性もあります。そのような点についても視野にいれて死亡保険を見ていくと良いのではないかと思います。

 

 

独身女性の将来を考えた死亡保険・医療保険の選び方・見直し

 

独身女性の場合は、今後結婚する事を前提にした場合と結婚しないで独身で暮らすという人の場合の2つに分類する事が出来ると思います。

 

今後、結婚するという人の場合には、結婚後の事を考えたり、子供の出産、子育てを考えると、若い女性の場合には、最低限の保障を付けておけば充分ではないかと思います。そして、結婚後、出産後に保険の見直しをすれば良いでしょう。

 

結婚をしても晩婚で、子供を作らないよう女性の場合には、老後の備えを考えておくと良いでしょう。これは、結婚しないで独身で暮らす人にも言えることです。どのような生活をしていくにしても、これからの将来の事を考えるのが大切です。

 

これは、老後やあなたが80歳や90歳で亡くなるまでの事を考えるのが大切という事です。なぜなら、老後の直前や老後になってから後悔しても、もう取り返しが付かないからです。現実的な対応をするのは、まだ早かったとしても、現段階から、老後の事までしっかりと計画を立てておくと、前もって準備が出来るので、安心して生活を送ることが出来ます。

 

 

 

無料の保険相談で見直しを行う

保険の見直しを検討しているが、自分で行うのが難しい方、家族の保険を見直したい方、中立的な立場にたって、さらに色々な保険会社の保険商品の中から自分にあった保険プランを提案してくれる無料保険相談が便利です。


メニュー

保険の選び方

ライフステージ別の保険の選び方

家族構成・仕事別の保険の選び方

保険の参考情報

■保険相談先の紹介