働き方が変わった時の保険の選び方・見直し

働き方が変わった時の保険の選び方・見直し

 

働き方が変わった時というのは、会社員の人が自営業やフリーター、派遣になった場合であったり、この逆の自営業やフリーターの人が会社員になった場合など色々とあると思います。

 

このように働き方が変わることによって、収入が変わると思いますが、それ以外にも加入している社会保険や公的年金についても変わってきます。この為、もしもの時に備えるべき金額というのにも変わってくるので死亡保険や医療保険などについては見直しを行い、現在の仕事に合わせたものにしておく必要があります。

 

 

働き方に合わせた死亡保険の選び方と見直しについて

 

働き方が変わる事によって、公的年金についても自営業やフリーターなどの人の場合には、国民絵金のみになりますが、会社員の場合には、「国民年金+厚生年金」になり、公務員の場合には、「国民年金+共済年金」になります。

 

このような年金制度が変わるだけでも、もしも死亡した場合には、残された家族に年金制度から支払われる遺族年金というものの金額が変わってきます。

 

基本的に厚生年金や共済年金に加入している人の方が公的な保障が充実しています。この為、もしも死亡した時に家族に死亡保険金を残す事を考えている場合には、会社員や公務員の人は自営業者やフリーターなどの人よりも少なくて済みます。

 

 

つまり、

 

会社員や公務公務員から自営業やフリーターになった人は、
⇒ 死亡保障を増やす必要があります。

 

自営業やフリーターから会社員や公務公務員になった人は、
⇒ 死亡保障を減らすことができます。

 

と言った図式での保険の選び方や見直しを行う必要があります。

 

 

 

働き方に合わせた医療保険の選び方と見直しについて

 

もしも、病気や怪我で長期の入院が必要になった場合には、医療保険で備えるという人が多いと思います。

 

そのような医療保険についてもどのような働き方をしているのかによって、準備すべき医療保障での保障額に違いがでてきます。

 

 

その違いというのは、働き方によって加入先が違ってくる健康保険の違いにより、もしも、病気や怪我で病院に入院した場合には、大きな違いがでてきます。

 

会社員の人でも特に大企業で働いている人の場合には、健康保険組合に加入しています。また、中小企業で働いている人の場合は協会けんぽに加入していると思います。公務員は公務員の組合があると思います。

 

これに対して、自営業やフリーターの人の場合には、国民健康保険に加入することになっています。

 

 

このように会社員や公務員が加入する健康保険組合の場合には、長期で入院した場合などの保障というのは組合から手厚く保証されることになります。会社員の場合には、休業保障まで健康保険でついています。

 

これに対して、自営業やフリーターの人の場合には、国民健康保険のみになるので、医療費以外の保障はありませんし、入院することになると収入も無くなります。

 

 

この為、医療保障については、自営業やフリーターなどの自由業になった人の場合には、会社員や公務員と比較すると多くの保障を準備しておく必要がありますので、医療保険の保障額を増やしたり、収入保障保険などを検討する必要があります。

 

これに対して、自営業やフリーターの人が会社員や公務員になった場合には、健康保険の保障がシッカリすることになるので、医療保険の保障を引き下げることができるようになります。

 

 

働き方に合わせた保険の見直しや選び方が重要

 

以上のように、働き方によって、公的年金や健康保険などの公的保障から得られる保障というのは大きく変わってきます。この為、将来的な資金計画というのも働き方が変わった時には再度、計算しなおして将来に備えておくということが大切になると思います。

 

 

 

無料の保険相談で見直しを行う

保険の見直しを検討しているが、自分で行うのが難しい方、家族の保険を見直したい方、中立的な立場にたって、さらに色々な保険会社の保険商品の中から自分にあった保険プランを提案してくれる無料保険相談が便利です。


メニュー

保険の選び方

ライフステージ別の保険の選び方

家族構成・仕事別の保険の選び方

保険の参考情報

■保険相談先の紹介