子供の独り立ち時の保険の見直し・選び方

子供が独り立ちした時の保険の選び方・見直しを紹介

 

ここでは、子供が独り立ち(独立)した時の保険の選び方と見直しの方法を紹介しています。子供が独り立ちしたと言う事は、今まで、親が子供の面倒を見ていたが、その必要がなくなったという事です。つまり、保険も子供の事を考える必要がなくなるので、見直しをして、その時に合った保険の選び方をするのが無駄な保険料を節約できてオススメです。

 

 

子供が独り立ちした時の医療保険の選び方・見直し

 

子供が独り立ちするまでは、一家の大黒柱の夫(妻)が病気や怪我で病院に長期入院をしてしまった場合には、子供の生活費などの事も考えて多少なりとも金額が高めの保障の医療保険に加入していた場合には、適正価格の医療保険に見直しを行い、現状にあった保険の選び方をするのがオススメです。

 

 

子供が独り立ちした時の死亡保険の選び方・見直し

 

死亡保険も、子供が独り立ちした以後では、子供の為に準備していた保障額が必要なくなります。後は、配偶者の為など、限られた条件になって来ますので、再度、保険の見直しを行い余分な保障を削るのがオススメです。

 

無駄な保障が付いていると、その分、保険料も高くなります。節約できた保険料は、老後の為に貯蓄する、または、住宅ローンの繰上げ返済に使うために貯めておくなど計画的に利用するのがオススメです。

 

 

将来を考えた死亡保険・医療保険の選び方・見直し

 

子供が独り立ちした後は、夫婦の事だけを考えればよくなるので、経済的な面でもかなり気持ちが楽になるのではないかと思います。ただし、子育てが終わる頃には、夫婦の自分たちの老後の生活についても計画を立てておく必要があります。

 

この為、死亡保険や医療保険の見直しを行う場合には、老後の計画を立てて、その計画にあったモノにするのが良いでしょう。特に、医療保険は、老後を迎えて高齢になれば利用する可能性が高くなります。

 

必ず医療保険に加入する必要はありませんが、その場合には、預貯金などでどのように準備するのか、そのような点についてしっかりと計画を立てるのがオススメです。

 

 

 

無料の保険相談で見直しを行う

保険の見直しを検討しているが、自分で行うのが難しい方、家族の保険を見直したい方、中立的な立場にたって、さらに色々な保険会社の保険商品の中から自分にあった保険プランを提案してくれる無料保険相談が便利です。


メニュー

保険の選び方

ライフステージ別の保険の選び方

家族構成・仕事別の保険の選び方

保険の参考情報

■保険相談先の紹介