医療保険 選び方

医療保険の選び方について

 

医療保険選び方とは、どのような点を注意しておく必要があるのでしょうか?
そもそも、医療保険とは、病気や怪我などで入院や手術などをした場合に保険会社から入院給付金、手術給付金というお金が貰える保険です。このような病気や怪我などの保険であるので、医療保険は自分の為の保険とも言われています。

 

この医療保険の選び方としては、自分が病気や怪我で働けなくなった時に、収入減や医療費の支払いに備えておく為の保険です。この為、医療保険は、貯蓄が十分にある人の場合には医療保険は不要です。では、どれくらいの貯蓄があれば医療保険は不要なのでしょうか?

 

その点を含めて、もしも、病気や怪我をして入院、手術をした場合には、どれくらいのお金が必要になるのかを考えておくと、あなたにとって医療保険が必要か?不要か?また、どれくらいの保障が必要であるのか?を知ると、あなたの医療保険の選び方の参考になるかと思います。

 

 

 

結局、入院や手術をしたら、医療費を自己負担はいくらになるの?


 

 

それをこれから説明していきますね!


 

まずは、以下に、病気や怪我をした時の自己負担額がどれくらいになるのかを説明しています。それを見て、医療保険が必要であるのか?と言った点を把握しておきましょう。

結局、入院や手術ってどれくらい医療費が必要になるの?

 

病院で入院、手術をした場合には、医療費の支払いが必要になりますが、日本では、健康保険などの公的保障が整っているので、医療費の多くの部分は公的保険で支払ってもらえます。

 

その為、自己負担となる金額は思ったよりも少なくて済むのですが実際に入院や手術をした場合の費用としては、下記のような部分を考える必要があります。

 

医療保険の自己負担の仕組み

 

と言ったような感じで「公的保障」の部分と「自己負担額」といった2つを把握しておく必要があります。

 

 

入院や手術の時の医療費についての制度や費用などについては、

 

公的保障となる項目とは?

 

 ・公的医療保険(健康保険)
 ・高額療養費制度

 

医療費の自己負担となる項目とは?

 

 ・健康保険と高額療養費制度の適用後の自己負担額
 ・入院時の食事などの一部自己負担
 ・差額ベッド代
 ・先進医療の費用(健康保険の適用外の治療費)
 ・その他雑費

 

 

 

と言ったような項目を理解しておく必要があります。

 

以下に個別で、詳しく順番に説明していきたいと思います。

 

医療費の公的保障とは?

 

医療費の公的保障としては、

 

 ●公的医療保険(健康保険)
 ●高額療養費制度

 

の2つをを抑えておく必要があります。

 

 

以下にそれぞれを説明していきますね。

 

公的医療保険(健康保険)とは?

 

公的医療保険(健康保険)とは、公的な医療保障で、病院での医療費の負担を1割や3割にしてくれる制度です。

 

基本的に医療費の自己負担は
 ・小学校入学後〜69歳まで : 3割負担
 ・小学校入学前まで     : 2割負担
 ・70歳以降        : 1割負担

と言ったようになります。

 

ただし、子供については、入院も外来も1日500円であったり、中学生まで自己負担が軽減されていたりと住んでいる地域の市区町村によって制度が大きく変わってきます。

 

 

高額療養費制度とは?

 

高額療養費制度というのは、医療費の1ヶ月当たりの支払い上限の金額を決めている制度です。

 

70歳未満の人の場合の高額療養費の計算式としては、

 

一般的な収入の世帯の場合

 80,100円 + (医療費 - 267,000円) × 1%

 

高所得者 (月収が53万円以上)

 150,000円 + (医療費 - 500,000円) × 1%

 

低所得世帯 (市区町村民税が非課税の世帯)

 35,400円(定額)

 

上記で計算される金額は、月額の自己負担限度額になります。

 

 

つまり、一般的な収入の世帯の場合には、治療費の支払いについては、目処としては、9万円〜10万円ぐらいあれば良いと考える事も出来ます。

 

 

高額療養費にも含まれない費用もあります

 

高額療養費制度というのは、基本的に健康保険の適用を受ける治療を受け場合の治療費が対象になります。その為、健康保険の対象外の先進医療などを利用する場合は対象外になります。

 

また、入院時の食事代や差額ベット代など、高額療養費制度では保障の対象にならない費用もあります。

 

 

 

病院に入院した場合や手術を受けた場合に自己負担として考えておく必要がある項目があります。それが

 

 ●健康保険と高額療養費制度の適用後の自己負担額
 ●入院時の食事などの一部自己負担
 ●差額ベッド代
 ●先進医療の費用(健康保険の適用外の治療費)
 ●その他雑費

 

上記のような項目になります。

 

 

健康保険と高額療養費制度の適用後の自己負担額とは?

 

健康保険と高額療養費制度の適用後の自己負担額とは、上記の「医療費の公的保障とは?」の部分で説明した公的保障を適用した場合に自己負担となる医療費はかなり少なくなります。

 

下記に病院に入院した場合の100万円の治療を受けた場合を考えてみます。

 

病院の入院で100円の治療を受けた場合

 

入院した時の医療費

 

 

この例では、一般的な収入の家庭で70歳未満の人を例に考えてみましたが、「健康保険」と「高額療養費」があれば、100万円の治療を受けても9万円弱の治療費しか必要無いということが分かります。

 

 

ただし、これ意外にも「食事代」や「差額ベッド代」など、上記に含まれていない金額があるので、その点については、引き続き、下記で見ていく事にします。

 

 

入院時の食事などの一部自己負担とは?

 

入院した時のイラスト

病院に入院した時の食費としては、1食260円で、1日3食780円を限度に自己負担するkと尾になります。

 

入院した時の食事の自己負担については、

 

一般的な収入の世帯の場合

 260円(1食あたり)

 

低所得世帯 (市区町村民税が非課税の世帯)

 入院91日まで  : 210円(1食あたり)
 入院91日以上 : 160円(1食あたり)

 

70歳以上で収入が年金のみの場合 (1人暮らしで約80万円以下・2人世帯で約160万円以下など)

 100円(1食あたり)

 

以上のように病院に入院する場合には、食費を自己負担する必要があります。その為、入院時の食費は、1日780円1ヶ月(30日計算)で23400円が必要になります

 

 

差額ベッド代とは?

 

入院した時のイラスト

差額ベッド代とは、病院に入院する時に個室などの条件が良い病室に入院を希望した場合に支払う費用になります。通常は、6人部屋などの大部屋の場合には公的保障の対象となるので「差額ベット代」は必要ありません。

 

個室や2人部屋などで差額ベッド代が必要になるケースがありますが、3人部屋や4人部屋などでも差額ベッド代が必要になるケースもあります。これは、暴飲によって違いがあるようです。

 

ただし、基本的には、差額ベッド代が必要になる病室に入院する場合には、病院側は患者の同意を得ている必要があります。

 

差額ベッド代の相場はいくらなのか?

 

平成22年7月1日現在の厚生労働省保険曲医療課の調べによると、1日あたりの差額ベッド代というのは、

 

 ●一人部屋 : 7,558円
 ●二人部屋 : 2,774円
 ●三人部屋 : 3,158円
 ●四人部屋 : 2,485円

 

と言った金額になっています。

 

なお、1日平均では5,828円という事も言われています。

 

 

 

 

先進医療の費用(健康保険の適用外の治療費)とは?

 

先進医療の治療を受けた場合には、先進医療の技術料を含めて全額が自己負担になります。その為、治療によっては、高額な自己負担になる可能性があります。具体的にどれくらいの費用が必要になるのかについては下記を参考にしてください。

 

 

先進医療の技術名と費用(年間件数)

 

●多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術
 ⇒ 費用 52万円(3187件)
●内視鏡的大腸粘膜下層剥離術
 ⇒ 費用 154万円(3006件)
●陽子線治療
 ⇒ 費用 268万円(1508件)
●重粒子線治療
 ⇒ 費用 295万円(873件)
●前眼部三次元画像解析
 ⇒ 費用 2万円(498件)
●三次元再構築画像による股関節疾病の診断および治療
 ⇒ 費用 123万円(358件)
●抗悪性腫瘍剤感受性検査(HDRA法またはCD-DST法)
 ⇒ 費用 74万円(329件)
●肝切除手術における画像診断ナビゲーション
 ⇒ 費用 45万円(324件)

●インプラント義歯
 ⇒ 費用 62万円(234件)
●歯周外科治療におけるバイオ・リジェネレーション法
 ⇒ 費用 59万円(224件)
●自己腫瘍・組織および樹状細胞を用いた活性化自己リンパ球移入療法
 ⇒ 費用 35万円(177件)
●根治的前立腺摘除術における内視鏡下手術用ロボット支援
 ⇒ 費用 71万円(176件)
●高周波切除器を用いた子宮腺筋症核出術
 ⇒ 費用 22万円(147件)
●難治性眼疾病に対する羊膜移植術
 ⇒ 費用 87万円(116件)
●硬膜外腔内視鏡による難治療性腰下肢痛治療
 ⇒ 費用 17万円(109件)
●腫瘍脊椎骨全摘術
 ⇒ 費用 201万円(12件)

 

 

なお、上記については、厚生労働省の第62回先進医療専門家会議資料の2011年度(2010年7月1日〜2011年6月30日)の実績報告から抜粋した資料をもとに作成しています。

 

先進医療への備えをしたいと思っているが、十分な預貯金がない場合には、医療保険に加入する場合に、特約で、「先進医療特約」などを付けておけば安心です。

 

 

 

その他雑費とは?

 

入院した時に必要になるモノのイラスト

その他の費用としては、

 

 ・衣類
 ・洗面用具
 ・スリッパ
 ・タオル
 などの日用品
 ・デレビ代
 ・電話代
 ・ラジオ
 ・本
 ・雑誌代
さらには、
見舞いにくる家族の
 ・交通費
 ・食費
などがあります。

 

 

これらは全て必ず購入する必要があると言うわけではありません。衣類や洗面具、スリッパ、タオルなどは自宅にあるものを使えば良いでしょう。しかし、寝間着などが足りない場合には新しく購入する必要があります。また、テレビ代や電話代、本、雑誌代などについては、必要な範囲で購入すると言うことになるかと思います。

 

 

 

病院に入院したらいくら必要になるのか?

 

今までに見てきたことから、病院に入院した場合に必要になる治療費などのもろもろが、どれくらいが自己負担として必要な費用であるのかが理解できたと思います。

 

ここで、一度、まとめておきますね。

 

 

結局、入院するといくら必要になるのか?

 

例:病院に入院して、1ヶ月で100万円の治療を受けた場合

 

入院費用や治療費

 

治療費は、「健康保険」と「高額療養費」を適用する事によって
  87,430円(1ヶ月)

 

入院時の食費

 

入院中の食費1日780円で、1ヶ月が30日として計算すると下記になります。
  23,400円(1ヶ月)

 

差額ベッド代

 

差額ベッド代を支払いたい人というのは少ないかと思います。また、病院によっても色々です。1日平均では5,828円ということも言われているので、1ヶ月30日計算で差額ベッド代を支払う場合は下記になります。
  174,840円(1ヶ月)

 

先進医療の費用

 

先進医療については、治療費は10万円代から200万円代と非常に幅があります。また、利用するか分からないものです。通常の入院を考えると、先進医療は使わないと仮定します。

 

その他の雑費

 

その他の雑費は、衣類や洗面具、タオルなどは、自宅にあるものを利用する事になると思います。もちろん、必要なモノは購入することになります。私の場合は、特に必要になるモノとしては、テレビ代、雑誌代、新聞代、本代やジュースなどを購入する費用程度だと思います。私の場合は1万円としておきました。このその他の雑費は、ご自身で考えて貰えればと思います。
  10,000円(1ヶ月)

 

 

1ヶ月入院して必要になる費用は?

 

上記の内容を踏まえて1ヶ月の入院費用を計算してみました。

 

 

1ヶ月入院して必要になる費用は?

 

入院費用や治療費
  87,430円(1ヶ月)

 

入院時の食費
  23,400円(1ヶ月)

 

差額ベッド代
  174,840円(1ヶ月)

 

先進医療の費用
 利用しないので0円

 

その他の雑費
  10,000円(1ヶ月)

 

 

  総合計 : 295,670円
          (1ヶ月30日で、1日当たり:9,856円)

 

 

 

ただし、差額ベッド代を含まない場合には、

 

  合計 : 120,830円
         (1ヶ月30日で、1日当たり:4,028円)

 

 

以上のような金額が、もしも病院に入院した場合に必要になります。

 

 

医療保険の選び方をどうするか?

 

では、医療保険に加入する場合には、以上の計算結果を踏まえてどのように考えると、具体的にどれくらいのお金を保険で準備すれば良いのかが分かります。

 

 

つまり、今回のケースで考えてみると私の場合は、

 

 差額ベッド代を考える場合

 

 差額ベッド代を考えない場合

 

の2つのケースを考えることができます。

 

 

 

差額ベッド代を考える場合

 

1日当たり9,856円のお金が必要になるので、医療保険の入院給付金1日で1万円あれば安心です。

 

 

 

差額ベッド代を考えない場合

 

1日当たり4,028円のお金が必要になるので、医療保険の入院給付金は、少し余裕を持って1日で5,000円あれば安心です。

 

 

もしも、医療保険への加入を考えている場合には、入院給付金は上記のような金額の設定をすれば安心と言うことが分かるかと思います。

 

 

医療保険に加入する場合は、使わないかもしれませんが、先進医療の保障を特約で付けておくというのも1つの方法だと思います。先進医療の保険料は月額で100円前後と安いので、もしもの時の保障として付けておくと安心だとは思います。

 

医療保険に加入しない方法もある

 

病院に入院した場合には、なにも保険会社の医療保険で支払う必要があると言うわけではありません。普段から医療費への支払いのために200万円や400万円などの貯蓄がある人であれば医療保険への加入が必要ないと言った考え方もありです。

 

ただし、さすがに先進医療の技術料の一番高い陽子線治療の費用である268万円を自分で支払うのはツライと思う場合は、先進医療保険のみに加入するといった方法もあります。

 

 

このように、医療保険に加入する場合には、まずは、どれくらいの費用が実際に支払う必要があるのかと言った点を理解して、その上で、ご自身の預貯金などと見比べて、もしもの時の治療費の支払いが困ることになる可能性がある場合に医療保険に加入するというのが正しい医療保険の選び方のキソになるかと思います。

 

また、具体的にどれくらいの費用が必要になるのかと言った参考例がわかると、具体的に医療保険を選ぶ時にも参考になるかと思います。

 

 

私の場合は、会社員や公務員などの公的保障がシッカリとある人の場合には、医療保険入院給付金日額

 

 ●シッカリと保障を準備したい場合  : 1万円

 

 ●最低限の保障は準備したい場合 : 5千円

 

といった金額が目処ではないかと思います。

 

 

 

ご参考までに、、、、

 

 

 

 

無料の保険相談で見直しを行う

保険の見直しを検討しているが、自分で行うのが難しい方、家族の保険を見直したい方、中立的な立場にたって、さらに色々な保険会社の保険商品の中から自分にあった保険プランを提案してくれる無料保険相談が便利です。


メニュー

保険の選び方

ライフステージ別の保険の選び方

家族構成・仕事別の保険の選び方

保険の参考情報

■保険相談先の紹介