結婚と保険の選び方・見直し

結婚した時の保険の選び方・見直し

 

結婚した時というのは、今までは独身で自分の事のみを考えて保険に加入していれば良かったのが、今後は、配偶者の事も考えた保険の選び方をする必要が出てきます。ここでは、基本的な保険である死亡保険と医療保険についての選び方を紹介しています。

 

自営業などの人の場合には、収入保障保険などを考えておく必要があると思いますが、それは、「家族構成・仕事別の保険の選び方」の「自営業者の保険の選び方」のページを参考にして貰えればと思います。

 

 

結婚した時の医療保険の選び方について

 

結婚した時の医療保険は、夫婦が共働きの場合には、独身時代に医療保険に加入していれば、それでも問題がないかもしれません。ただし、夫婦のどちらかが病気や怪我で入院した場合に、経済的に困るような事が無いのかを考えておく必要があります。例えば、夫婦のどちらかが長期の入院をした場合の収入の減少について考えるなどのことになります。

 

また、女性の場合には、30代、40代になってくると、妊娠や出産であったり、乳がん、子宮ガンなどの病気のリスクも増えてきます。生命保険は、妊娠中や大きな病歴がある場合には加入できない場合もあるので、医療保険に加入していない場合には、妊娠や出産の前に加入しておくのがオススメです。

 

 

最近では、帝王切開などを行なう可能性も以前にまして増えてきています。出産の場合には、通常分娩の場合は医療保険の適応外ですが、帝王切開などのような異常分娩のような場合には医療保険の保障対象になります。

 

生命保険は、健康状態や過去の病歴によって、契約が断られたり、保険料が割り増しされたり、保険金が削減、保障の対象が制限される場合があります。帝王切開をした事がある場合にも、何らかの条件が付くことが多いので注意が必要です。

 

 

結婚した時の死亡保険の選び方・見直し

 

結婚したら、配偶者が亡くなった後の生活費についても考えて死亡保険に加入する必要が出てきます。夫婦が共働きの場合には、それほど心配する必要はないかと思いますが、専業主婦(夫)の場合には、特に、残された遺族への生活費などの経済的負担については考えておく必要があります。専業主婦(夫)の家庭の場合には、死亡保険は、優先順位が高い保険になると思います。

 

これは共働きの場合でも、配偶者にもしもの事があっても仕事をしているので、経済的リスクは専業主婦の家庭よりは無いと思いますが、それでも家計に何らかの支障が出て来ると思います。そのため、夫婦それぞれの収入に応じて、夫婦でそれぞれの死亡保険に加入しリスクに備えるのがオススメです。

 

共働きで、特に死亡保険は必要ないと考えている夫婦の場合でも、葬式費用の100万円〜500万円程度を預貯金によって準備できないのであれば、死亡保険で準備するのがオススメです。

 

 

結婚して将来を考えた死亡保険の選び方・見直し

 

特に専業主婦(夫)の家庭の場合には、一家の大黒柱の夫(妻)が死亡した場合には、残された妻(夫)が、すぐに仕事に復帰できるのであれば問題ないとは思いますが、その保障が無い場合には、それなりの保障を死亡保険で準備しておくのがオススメです。

 

この時の死亡保険は、例えば、30歳で加入して年金が貰える65歳までの配偶者の生活費の保障を考えたとします。その場合には、逓減定期保険のように毎年、保障額が少なくなる死亡保険がオススメです。30歳で配偶者が亡くなった場合は、65歳までの35年間の生活費が必要です。

 

しかし、40歳で配偶者が亡くなれば、65歳までの25年間の生活費でよくなります。例えば、30歳から65歳までは6000万円の生活が必要とします。これが、40歳から65歳になると10年分の生活費が減るので、4500万円などのように少なくてよくなります。

 

このような形式で、保障額を必要な額に設定し、必要以上の保障を省くことで、支払う保険料を安くする事ができるので、このような将来までを考えて死亡保険を選ぶのが大切です。

 

また、死亡保険で保険料を節約する場合には、死亡保険で葬式費用を準備する場合には、300万円程度の終身の死亡保険に加入し、配偶者の生活費や子供が出来た時の子供の教育費など、期間が決まった保障にはその期間だけ、逓減定期保険にして必要以上に保障額を多くしないようにするのがオススメです。

 

 

結婚して将来を考えた医療保険の選び方・見直し

 

医療保険は、独身時代に将来の事を考えて加入していれば問題ないとは思いますが、医療保険で将来の事を考えると言うと、将来の病気です。女性の場合は、妊娠、出産に関する事柄や、乳がん、子宮ガンなどの女性特有のガンについてです。男性の場合は前立腺ガンなどがあると思います。

 

そして、一番、将来の事として、医療保険を探すときには、念頭に置いておいて欲しいのが老後の事を考えるという点です。実際に病気になる人の割合の統計データを見ていても老後を迎えて高齢になるほど、病院で入院する人の人数が増え、さらに、入院日数も増えています。

 

例えば、若い時は健康なので、病気はしないと思い、医療保険に加入していなかった場合、50歳や60歳になって、そろそろ医療保険に加入しようと思った場合には、それなりに高い保険料を支払う必要が出てきます。また、医療保険に加入する前に大病を患ったらりすると保険に加入できなくなる可能性があります。または、保険料が割り増し、保障額の減額、保障の対象が制限されるなどの条件が付く場合もあります。

 

このように、若い時には、自分が病気をする事を想像するのは難しいと思いますが、将来の事を考えると、若いうちから、必要最低限の医療保険を終身などで契約しておくのもオススメです。

 

 

 

無料の保険相談で見直しを行う

保険の見直しを検討しているが、自分で行うのが難しい方、家族の保険を見直したい方、中立的な立場にたって、さらに色々な保険会社の保険商品の中から自分にあった保険プランを提案してくれる無料保険相談が便利です。


メニュー

保険の選び方

ライフステージ別の保険の選び方

家族構成・仕事別の保険の選び方

保険の参考情報

■保険相談先の紹介