学資保険・子供保険の選び方

子供保険・学資保険の選び方

 

ここでは、子供保険、学資保険の選び方を紹介しています。子供が出来ると、夫婦2人の時と比べると多くの生活費が必要となり、また、子供の教育資金も必要になります。この為、夫婦2人の時と比べると、死亡保険金の保障額も増額する必要があります。

 

もしも、一家の大黒柱である世帯主の人にもしもの事があり亡くなった場合には、残された子供の生活費、教育費が大きな負担となります。多くの親が、子供に良い教育を受けさせ、自分で幸せな生活をしていけるようになって欲しいと願っていると思います。この為には、それなりのまとまった教育費用が必要になります。

 

もちろん、教育資金は、一家の大黒柱の世帯主の人にもしもの事が無くても必要になります。その為、死亡した時と生きている時の両方に活躍するのが、子供保険(学資保険)です。

 

 

 

子供保険(学資保険)の種類

 

子供保険(学資保険)には、
・貯蓄型
・保障型
と言った様な2つのタイプの種類があります。
貯蓄型は、お金を貯めることをメインにしている保険です。保障型は、もしもの時の保障を充実させている保険です。実際に、満期保険金の金額がどれくらいになるのか、どのような保障を利用するリスクが高いのかなどを検討して、あなたの目的に合った子供保険(学資保険)を選択すると良いでしょう。

 

 

満期保険金(満期額資金)を受け取る時期

 

子供保険(学資保険)の満期保険金(満期額資金)は、大学進学時の17歳や18歳、または、自立時の20歳、22歳と言ったように受け取ることが出来る時期を設定する事が出来ます。子供にどのような進路を歩ませたいのかによって満期保険金(満期額資金)の選び方も変わってくると思います。

 

 

実際に子供保険(学資保険)を選ぶ時の選び方

 

子供保険(学資保険)を実際に選ぶ時の選び方としては、教育資金にどれくらいの金額が必要であるのかを考え、計算する事から始まると思います。その出てきた金額を元に、預貯金だけで充分にまかなえるのか、また、子供保険(学資保険)を利用した方が良いのかと言った点を考える必要があります。

 

しっかりと自分で計画を立てて、教育資金を貯める事が出来る場合には、子供保険(学資保険)は必要ないかもしれません。しかし、貯蓄が苦手な人の場合には、子供保険(学資保険)を活用するのもオススメです。子供保険(学資保険)は、保険なので、もしもの時の保障も得つつ、貯蓄が出来るというのはメリットだと思います。

 

 

 

 

無料の保険相談で見直しを行う

保険の見直しを検討しているが、自分で行うのが難しい方、家族の保険を見直したい方、中立的な立場にたって、さらに色々な保険会社の保険商品の中から自分にあった保険プランを提案してくれる無料保険相談が便利です。


メニュー

保険の選び方

ライフステージ別の保険の選び方

家族構成・仕事別の保険の選び方

保険の参考情報

■保険相談先の紹介