結婚後は名義と受取人も変更が必要

忘れずに手続きを行いましょう!

 

生命保険や医療保険などは、独身時代から加入している人というのも多いと思います。そのような人が結婚をした場合には名義変更や受取人の変更と言ったモノも必要になります。

 

基本的には、結婚した時というのは、今一度、生命保険の保障内容といったものを見なおしておくいいタイミングなのですが、それは忙しくてスグには出来ないと言った人でも結婚して苗字が変わった場合には、苗字変更の手続きを保険会社に申請する必要があります。

 

その時には、結婚して家計をともにすることになった配偶者を生命保険の受取人にしておくのも忘れないようにする必要があります。

 

このような手続きをキチンと行っておかないと、場合によっては、もしもの事があった場合に配偶者が保険金を受取る事ができないケースも出てきます。また、保険金を受取人が両親の場合には、両親が保険金を受け取ることになります。

 

その後、両親から配偶者にお金を渡す時には、贈与税が課税される可能性なども出てくるので、受取人が親のままになっていると何かと不便が起こる可能性がありますので、そのような事にならないようにする為にも受取人というのは、結婚したら配偶者に変更しておく必要があります。

 

せっかくの保険金ですので、一生を共に歩むと誓った配偶者の事を考えて、受取人名義の変更は早急にしておくのがオススメです。

 

 

無料の保険相談で見直しを行う

保険の見直しを検討しているが、自分で行うのが難しい方、家族の保険を見直したい方、中立的な立場にたって、さらに色々な保険会社の保険商品の中から自分にあった保険プランを提案してくれる無料保険相談が便利です。


メニュー

保険の選び方

ライフステージ別の保険の選び方

家族構成・仕事別の保険の選び方

保険の参考情報

■保険相談先の紹介