専業主婦の夫婦(子供なし) 保険の見直し・選び方

専業主婦の夫婦(子供なし)の保険の選び方・見直しについて

 

ここでは、専業主婦の夫婦の子供が居ない家庭の保険の選び方、見直しについての情報を紹介しています。専業主婦をしているという事は、夫のみが仕事をして一家を支えているので共働きの夫婦と比較すると保険での備えをシッカリとしておきたいものです。

 

 

専業主婦の夫婦(子供なし)の医療保険の選び方

 

専業主婦の場合の子供がいない夫婦の医療保険の選び方としては、独身の時に夫婦がそれぞれ加入していた医療保険と比較すると一家の大黒柱である夫の医療保険は充実させたいものです。

 

これは、一家の大黒柱の夫が病気や怪我で病院に長期に入院した場合には、収入減などになる可能性があります。基本的に会社員の場合には、公的保障で守られているので、収入がゼロには、スグにはなりませんが、今までと同じ収入を得れないケースを想定してある程度は医療保険で備えておきたいものです。

 

また、場合によっては、収入保障保険などで、一家の大黒柱の夫の収入減に供えるという方法もあります。

 

 

なお、専業主婦の医療保険については、30代以上の場合には、女性の病気のリスクが増す年齢になります。また、出産前であれば、出産時に帝王切開などが行なわれると、出産前と同じ条件では医療保険に加入することが出来ない可能性があります。

 

そのような事を考えると、妻の医療保険は比較的に若い時から最低限の保障は準備しておくのがオススメです。

 

 

専業主婦の夫婦(子供なし)の死亡保険の選び方

 

子供が居ない専業主婦の夫婦の死亡保険の選び方としては、夫と妻を別々に保障内容を考える必要があります。一家の大黒柱の夫が死亡した場合には、妻の生活費と自分の葬式費用などを準備する必要があります。専業主婦の妻の場合は、最低限の葬式費用を準備しておけば良いでしょう。

 

 

専業主婦の夫婦(子供なし)の将来を考えた死亡保険・医療保険の選び方

 

子供の居ない専業主婦の夫婦の将来を考えた死亡保険、医療保険の選び方としては、ある程度の最低限の医療保険や死亡保険は、終身保険などのような老後になってからの保障を考えて加入するのがオススメです。

 

そのうえで、子供が出来た時には、死亡保険の保障額を増やすときには、逓減型の定期保険など保険料を抑えつつ保障を準備するのがオススメです。

 

また、保険料の支払いに余裕がある場合には、60歳や65歳までに保険料を払い込みが完了する保険がオススメです。このような保険で最低限の保障を準備しつつ、足りない部分は別途、別の保険で必要な期間のみ準備するのがオススメです。

 

 

 

無料の保険相談で見直しを行う

保険の見直しを検討しているが、自分で行うのが難しい方、家族の保険を見直したい方、中立的な立場にたって、さらに色々な保険会社の保険商品の中から自分にあった保険プランを提案してくれる無料保険相談が便利です。


メニュー

保険の選び方

ライフステージ別の保険の選び方

家族構成・仕事別の保険の選び方

保険の参考情報

■保険相談先の紹介