死別の保険の見直し・選び方

死別した時の保険の選び方・見直し

 

もしも、配偶者など、家族と死別した場合には、まずは、その人の保険請求をしましょう。保険金などの支払い請求をしてもらえるものを貰っておきましょう。その後、残された家族で、どのような保障が必要であるのかと言った見直しをして、現状にあった保険の選び方をする必要があります。

 

例えば、まだ未成年の子供が居る場合には、あなたにもしもの事があった場合の子供の生活費と教育費を保険や預貯金で準備する必要があります。このように、どのような保障内容、保障額が必要であるのかを再度、考えて保険を見直しをする必要があります。

 

 

死別した時の医療保険の選び方・見直し

 

死別した人が一家の大黒柱の夫(妻)であった場合は、保険の保障が一番しっかりとしていた人が亡くなったので、今後の事を考えたら、あなたにもしもの事があり、長期の入院をするような事になると、経済的に苦しくなる場合があります。特に子供が居る家庭の場合には、しっかりとした準備をしておきたいものです。

 

この為、もしも長期で入院をした場合に、収入減になった時、医療費以外にも生活費や子供の教育費などをある程度はまかなえるだけの貯蓄や医療保険を準備しておく必要があります。その為、医療保険の保障額を以前よりは高めに設定するのもひとつの方法です。

 

 

死別した時の死亡保険の選び方・見直し

 

夫婦が死別した場合には、亡くなった夫(妻)が居なくなり妻(夫)が子供も居なくて独り身になる場合は、独身者のケースと同じになるので、自分の葬式費用ぐらいの死亡保険金があれば良いでしょう。もしも、老後の時にもしもの事がったと時に死亡保険を解約して解約返戻金を利用できるようにしたいと考えている場合には、老後に準備しておきたい金額の死亡保険金の保険に加入すると良いでしょう。

 

もしも、まだ独り立ちしていない子供が居る場合には、あなたにもしもの事があった場合の子供の生活費や教育資金が必要になる金額を死亡保険で準備しておく必要があります。ただし、配偶者と死別した場合には、その配偶者の死亡保険金で充分な金額が手元にある場合、または、充分な預貯金がある場合には、死亡保険は必要ないかもしれません。

 

このような保険の選び方、見直しというモノは、まずは、あなたが亡くなった場合に、子供にどれくらいのお金を残しておく必要があるのかを考えるところから始めます。そして、どれくらいのお金が足りなくなるかを判断して、その判断の元、必要となるお金の金額を死亡保険で準備するということになります。

 

 

 

死別後の将来を考えた死亡保険・医療保険の選び方・見直し

 

家族と死別した場合には、それ以後に、どのような場合に、どれくらいのお金が必要になるかと言った事を再度考え直す必要があります。これは、今現在や数年先の視点で見るのではなく、一度は、老後など、あなたの人生の全てを視野に入れて考えるのがオススメです。

 

現状や数年先程度のみを見ていると、遠い将来に後悔する事になる可能性もあります。例えば、老後を迎えて70歳になってから保険に加入する場合には、場合によってはひと月の保険料が2万円ぐらいになるケースもあります。このような保険料を支払うのは、かなり家計の負担になります。その為、終身保険などで若いうちから、最低限の保障を準備しておくと言った手段もあります。

 

ただし、保険料の支払い金額は、毎月の支払いの金額と一生涯で支払う総支払額がります。月々の支払額を優先するのか、または、総支払額を優先するのかによっても選ぶべき保険が変わってきます。

 

このように、将来の保険を考える時には、将来の生活スタイル、家計の事まで計算しておくのがオススメです。具体的にシュミレーションを行なったうえで、どのようにするのが良いのかを判断すると良いでしょう。

 

 

 

無料の保険相談で見直しを行う

保険の見直しを検討しているが、自分で行うのが難しい方、家族の保険を見直したい方、中立的な立場にたって、さらに色々な保険会社の保険商品の中から自分にあった保険プランを提案してくれる無料保険相談が便利です。


メニュー

保険の選び方

ライフステージ別の保険の選び方

家族構成・仕事別の保険の選び方

保険の参考情報

■保険相談先の紹介