出産 保険の選び方・見直し

出産した時の保険の選び方・見直し

 

出産した時の保険の選び方としては、出産後の事を考えた保険選びをするのが大切です。特に一人目の出産の場合には、良く分からない事が多いので、子供の教育費はどれくらい必要になるのか、また、生活費がどれくらい多くなるのかなどをシッカリと計算をして、おおよその目処を決めて、どのように準備するのかを考えたいものです。

 

これは、今後の人生設計を行なうという意味でも、保険の加入の有無に関わらず、一度、考えるのがオススメです。特に、子供の教育資金の場合には、保険だけではなく、預貯金などでも準備できます。この預貯金と保険のバランスを考えるというのも大切ではないかと思います。

 

特に、出産した事が分かった場合には、実際に子供が産まれてからでは忙しくなりますので、子供が産まれる前から計画を立てて考えておくのがオススメです。もちろん、スグに保険に加入する必要はないのですが、いつでも保険に加入できるような準備をしておくと良いでしょう。

 

出産した時の医療保険の選び方・見直し

 

出産した時の医療保険の選び方としては、夫婦の医療保険を見直す必要があるかもしれません。子供が小さい間は、子供の為の公的な医療保障があるので、それほど子供の病気に医療費がかかることは無いと思います。これは、市区町村などの各自治体によって違うので確認すると良いでしょう。

 

例えば、子供の公的な医療保障は、東京都23区の場合は、小学校就学前の乳幼児の医療費を助成してもらえる仕組みがあります。もしも、子供に保険会社の医療保険を加入させる場合は、子供が長期の入院をして、親が付き添いをするために仕事を休みがちになり、収入減の可能性がある場合です。このような場合には、子供の医療保険は役にたちます。

 

 

出産した時の夫婦の医療保険については、今までとは違い、子供の事を考えると、病気や怪我で入院した時に、どれくらいのお金が必要になるのかを計算する必要があります。そのうえで、預貯金で充分にまかなえるのであれば医療保険の見直しをする必要はありません。

 

しかし、子供の生活費や教育費などに、今までの医療保険ではカバーできない場合には、保障額の増額を考える必要が出てきます。実際に、出産した時の医療保険の選び方は、どれくらいの保障が必要であるかの想定、計算を行なったうえで考えるのが大切です。

 

 

出産した時の死亡保険の選び方・見直し

 

出産した時の死亡保険の選び方としては、産まれてくる子供の生活費、教育資金がどれくらい必要であるのかを考える必要があります。もしも、次に産まれてくる子供が2人目ならば、1人目の時の子供の生活費、教育資金を参考にすれば良いでしょう。

 

しかし、まだ、子供の生活費や教育資金を計算した事が無い場合には、おおよそでも、どれくらいの金額が必要であるのかを計算しておく必要があります。その計算結果をもとに、どのように死亡保険の保障額を増額するのかを考えると言った方法が死亡保険の選び方になります。

 

具体的に必要な保障内容、保障額を前もって調べておけば、あとは、その条件に一番あっていて、保険料が安いところを選択すれば良いので簡単に死亡保険が選べます。

 

 

出産後の将来を考えた死亡保険・医療保険の選び方・見直し

 

出産した時に保険の選び方を考えた時に大切な点があります。これは、どのタイミングで行なう保険の見直しや選び方にも共通するものですが、保険を選ぶ時のは、現状や近い将来のみを見ているのではなく、遠い将来の事も考えておくのがオススメです。

 

現状や近い将来のみを考えていると、20年、30年、40年と経過した時に、思いもしない自体になる場合があります。実際に、保険料の事を考えた場合には、若い時は保険料が安いです。しかし、60歳、70歳となると、それなりの保険料になります。

 

この事を前もって想定して、終身の保険に加入するのか、または、70歳などになった時の保険料が高額になる事を見越して、保険料の支払いに回すお金を貯めておくのかと言った事を前もって考えておくのが大切です。

 

 

子供の生活費、教育資金の為の保険を考える時にも将来の事をキチンと見るのが大切です。例えば、子供の生活費と教育資金は、1000万円が必要とした場合、これは子供が0歳の時の金額かもしれません。子供が18歳になると、大学の為の費用になるので、0歳の時と同じ1000万円の保障は必要ありません。

 

このように考えると、子供の年齢にあわせた保障額があれば良いという事が分かります。具体的には、逓減定期保険と言ったような、年々、保障額が少なくなっていく形式の保険に加入しておけば良いという事になります。

 

子供が0歳〜自立するまで、ズッと1000万円の保障額がある必要はありません。必要である適正な保障額に設定する事で、無駄な保険料の支出をカットする事が出来ますので、現状だけではなく、将来の事も考えるというのが保険の選び方では非常に大切になるのではないかと感じています。

 

 

 

無料の保険相談で見直しを行う

保険の見直しを検討しているが、自分で行うのが難しい方、家族の保険を見直したい方、中立的な立場にたって、さらに色々な保険会社の保険商品の中から自分にあった保険プランを提案してくれる無料保険相談が便利です。


メニュー

保険の選び方

ライフステージ別の保険の選び方

家族構成・仕事別の保険の選び方

保険の参考情報

■保険相談先の紹介