就職と保険の選び方・見直し

就職した時の保険の選び方・見直し

 

新入社員として就職した時には、自立の第一歩として保険を検討する人がいます。そのような人が保険に加入する時の保険の選び方について紹介しています。ここでは、色々とある生命保険の中でも医療保険と死亡保険について紹介しています。

 

 

就職した時の医療保険の選び方・見直し

 

学校を卒業して就職したての人で、独身の場合には、医療保険を中心に考えて、死亡保険は最低限を準備しておけば良いです。医療保険は、あなたが病気や怪我で病院に入院した場合に保険会社から保障してもらえる保険です。

 

日本では、健康保険制度が整っており、入院した場合でも高額療養費制度などで、1ケ月あたりの負担額の上限が決まっていますが、就職したての新入社員では、それ程の貯蓄もないと思います。その為、まずは、最低限の保障は準備しておきたいものです。

 

 

就職した時の死亡保険の選び方・見直し

 

新入社員の場合で、まだ、独身の人の場合には、両親や兄弟などを扶養している人は別ですが、あなた自身の事だけを考えれば良いのであれば、残された家族についての保障はそれほど考える必要はありません。

 

あえて上げれば、もしもの時の葬式費用やお墓の費用などが、残された人への経済的な負担をかけない為に準備しておくのが良いと思います。葬式費用については300万円程度とも言われています。

 

 

将来を考えた死亡保険・医療保険の選び方・見直し

 

死亡保険は、結婚し家族が増えれば、その時その時で保障額を増やす必要があります。しかし、独身時に加入する時に考慮する葬式費用は一生涯必要になります。その為、葬式費用などの一生涯必要な保障を基本の契約にしておき、結婚、子供が出来た時など、保障額が高くする必要がある時に、その時に考え、再度、見直しを行うと良いでしょう。

 

医療保険については、老後の保険料の支払いなどを考えた場合には、一生涯の保障である終身医療保険に加入すると保険料が安いまま、一生涯、その安い保険料が継続します。医療保険を一番使う可能性が高いのが老後を向かえ高齢になってからです。その年齢になって更新型の医療保険に加入しているとかなり高額な保険料の支払いが必要になります。

 

その為、収入が公的年金のみになる可能性が高く、収入が少なくなる可能性がある時に医療保険の保険料を安く抑えるようにするのは大切な事です。その為、終身の医療保険に若い時から加入するというのは良い方法であると思います。ただし、50年後、60年後にもその保障額で十分であるのかは不安を感じる事もありますが、それは、将来の見直しで対応すれば良いかと思います。

 

 

 

無料の保険相談で見直しを行う

保険の見直しを検討しているが、自分で行うのが難しい方、家族の保険を見直したい方、中立的な立場にたって、さらに色々な保険会社の保険商品の中から自分にあった保険プランを提案してくれる無料保険相談が便利です。


メニュー

保険の選び方

ライフステージ別の保険の選び方

家族構成・仕事別の保険の選び方

保険の参考情報

■保険相談先の紹介