定年退職の保険の見直し・選び方

定年退職した時の保険の選び方・見直し

 

仕事をしている現役世代の場合には、毎月の収入があるので、保険料の支払いについても無理なく支払いが出来る人が多いと思います。しかし、定年退職すると収入は公的年金が中心になります。公的年金以外には、今までの預貯金や退職金などの貯蓄を利用する必要があります。

 

このように収入減になる可能性の高いのが定年退職です。今まで仕事をしていた時とは生活は変わりますし、収入も変わりますので、新しい生活に合った保険の選び方をするのが大切です。

 

 

ただし、定年退職をするぐたいの年齢になってくると、既に加入している死亡保険や医療保険を解約して、新しい保険に加入するというのは加入条件が若い時と比べて不利になる事があるので、新しい保険の検討をしつつ、既存の保険の契約変更などで対応出来ないかと言った視点がさらに大切になると思います。

 

そして、死亡保険や医療保険などの生命保険と預貯金の両方で備え、無理の無い保険料の保険に加入するのがオススメです。定年退職後は、収入が減るので、あまり高額な保険料だと支払いが出来なくなる危険性があるので、計画をしっかりとたて維持が出来る保険を用意するというのが大切になります。

 

 

定年退職した時の医療保険の選び方

 

定年退職をした時の医療保険の選び方としては、長期の入院にも備えるようにしておくのがオススメです。特に、病気になり長期の入院が必要になるのは、高齢になり老後の生活をするようになってからです。医療保険は、病気や怪我で病院に入院した場合に給付金が保険会社から貰えます。癌や心筋梗塞などの日本人の死因に多い病気についても充分に準備しておくのがオススメです。

 

若い時の医療保険はもしもの時の保険として利用しない可能性がありますが、定年退職後の老後になると、死ぬ前に病院に入院する人も多いと思います。そのような事を考えると、いつまで医療保険の保障期間があるのかと言った点も考えて保険の選び方をするのがオススメです。

 

 

定年退職した時の死亡保険の選び方

 

定年退職後の死亡保険の選び方としては、どれくらいの金額が必要になるのかが分かれば、どれくらいの保険金を準備すれば良いのかを判断する事が出来ます。

 

では、定年退職をした人がどのような事にお金が必要となり、死亡保険でどれくらいの金額を準備する必要があるのかと言うと、「自分の葬式費用」、「配偶者の生活費」、「相続費用」ぐらいになると思います。

 

多くの人の場合、定年退職をする年齢になると、子供の教育費への支払いは終っているので、死亡保険で準備する必要があるお金というのも少なくなっている場合が多いのではないかと思います。

 

 

定年退職後の将来を考えた死亡保険・医療保険の選び方

 

定年退職後の死亡保険、医療保険の選び方としては、老後の生活を想定するのはもちろんですが、自分が死ぬときの事も考えて保険を選ぶ必要があります。特に高齢になると若い時と比べると病気や怪我などの治りが遅くなり、今まで以上に長期の入院になる可能性があります。その為、定年退職後の保険は、医療保険を充実させておくのがオススメです。

 

すべてを保険で準備をする必要はありませんので、預貯金と保険のバランスを取り、無理なく継続して加入できる保険を準備しておくのがオススメです。保険料の支払いが難しい人の場合は、最低限の保障は保険で準備しておき、不足分は預貯金で補う方法もあります。

 

 

 

無料の保険相談で見直しを行う

保険の見直しを検討しているが、自分で行うのが難しい方、家族の保険を見直したい方、中立的な立場にたって、さらに色々な保険会社の保険商品の中から自分にあった保険プランを提案してくれる無料保険相談が便利です。


メニュー

保険の選び方

ライフステージ別の保険の選び方

家族構成・仕事別の保険の選び方

保険の参考情報

■保険相談先の紹介