共働きの夫婦(子供あり) 保険の見直し・選び方

共働きの夫婦(子供あり)の保険の選び方・見直しについて

 

ここでは、共働きの夫婦でも子供が居る夫婦の場合の保険の選び方、見直し方法について紹介しています。保険は基本的に預貯金が充分にある場合には、加入する必要がないモノと言えます。しかし、もしもの時の事を考えると死亡保険や医療保険で準備をしていきたいものです。

 

特に子供が居る共働きの夫婦の場合には、夫婦が共働きなので専業主婦の家庭よりも収入が多いので、貯蓄も充分に出来るので将来の貯蓄もしやすいと思います。しかし、もしもの事があった場合に子供の事を考えて最低限の備えはしておきたいものです。

 

 

共働きの夫婦(子供あり)の医療保険の選び方

 

共働きの夫婦で子供が居る場合の医療保険の選び方としては、夫婦が2人だけで子供を育てるのか、または、近くに親などの子育てに協力してもらえる人が居るのかによっても変わってきます。

 

例えば、夫婦が2人だけで子育てを行なう場合には、妻か夫が病気や怪我で入院した場合には、共働きなので今まで以上に子育てに掛かる手間が増えます。その為の費用については独身時の医療保険に上乗せしておきたいものです。

 

また、妻か夫が病気や怪我などで入院した時に子供の世話を親などに任せれる場合には、もしもの時に親の協力を得れるので、それ程高額な医療保険は必要ないかも知れません。

 

 

共働きの夫婦(子供あり)の死亡保険の選び方

 

共働きの夫婦で子供が居る場合の死亡保険については、夫婦のどちらかが死亡した場合に、残された子供の教育費はもちろんですが、生活費など、1人で育てることによって増す保育園の費用などを考えて少し多めに用意しておく必要があります。

 

ただし、夫婦共働きであるので、夫婦のどちらかが死亡したとしても収入がゼロになる訳ではないので、生活に困らないぐらいの保険金が欲しいところです。具体的には、子供の教育資金、生活費、自分の葬式費用などを準備しておけばいいのではないかと思います。

 

なお、子供の教育資金などのように、ある一定期間のみ保障を充実させたい場合には、その期間のみ、定期保険などの保険料が安い保険で保障を充実させるのがオススメです。

 

 

共働きの夫婦(子供あり)の将来を考えた死亡保険・医療保険の選び方

 

共働きの夫婦でも、子供が居る場合には、将来を考えた場合には、子供の教育資金が大きな金額の準備が必要になります。これは、夫婦のどちらかが死亡した場合と死亡しなかった場合の2つのケースを考える必要があります。

 

充分な預貯金がある場合には、全て預貯金でまかなえるかもしれませんが、多くの家庭ではそうはいかないと思います。その為、親が死亡した時の死亡保険で子供の教育資金を準備するのも良い方法です。

 

しかし、もしも死亡しなかった場合を考えると学資保険などを活用して教育資金を貯めたいものです。その為、オススメなのが教育資金と死亡保険を併用する方法です。

 

基本的に死亡保険を使わない場合には、学資保険と預貯金で子供の教育資金を準備します。もしもの事があった場合には、死亡保険と学資保険を使うというのがオススメです。

 

 

 

無料の保険相談で見直しを行う

保険の見直しを検討しているが、自分で行うのが難しい方、家族の保険を見直したい方、中立的な立場にたって、さらに色々な保険会社の保険商品の中から自分にあった保険プランを提案してくれる無料保険相談が便利です。


メニュー

保険の選び方

ライフステージ別の保険の選び方

家族構成・仕事別の保険の選び方

保険の参考情報

■保険相談先の紹介