共働きの夫婦(子供なし) 保険の見直し・選び方

共働きの夫婦(子供なし)の保険の選び方・見直しについて

 

ここでは、子供が居ない共働きの夫婦の保険の見直しや選び方について紹介しています。夫婦の場合でも共働きの場合は、まだ子供が居なければ、基本は独身時代と同じような保障内容になります。

 

夫婦が共働きなので、基本的に、夫婦のどちらが死亡や病気をしたとしても、収入がなくなることがないので、夫婦がお互いに自分の為の保険を準備しておけば問題が無いケースが多いです。

 

 

共働きの夫婦の場合には、必要以上に高額な保険に加入するのではなく、最低限の保障を維持しつつ、預貯金などの貯蓄を増やしておくのがオススメです。

 

ただし、念のために夫が死亡した場合、妻が死亡した場合、さらには、夫が入院した場合、妻が入院した場合と言ったように、それぞれの場合を想定して考えておくというのは大切です。

 

 

共働きの夫婦(子供なし)の医療保険の選び方

 

共働きの夫婦で子供がいない医療保険の選び方としては、基本的に、夫婦のどちらも働いており収入があるので、基本的に自分の医療費を準備する事を考えておけば良いでしょう。ただし、配偶者が病気や怪我で入院した時に、仕事を休んで付き添いをしたいと思う場合には、その時の収入減に対しては、医療保険などで備えておくことがオススメです。

 

ただし、あまりにも夫婦の収入に差があり、収入が高額の方が病気をして入院した時に生活が苦しくなる可能性があるのなら医療保険や収入保障保険などで備えておく必要があるかもしれませんが、基本的には、多くの家庭では、子供が居ない共働きの夫婦なら独身時の医療保険のままでも問題が無い事が多いです。

 

 

共働きの夫婦(子供なし)の死亡保険の選び方

 

共働きの夫婦でも子供が居ない場合の死亡保険については、妻にある程度の収入があれば夫の死亡保障を手厚くする必要はないので、自分の葬式費用などがあれば充分ではないかと思います。

 

ただし、もしも、夫婦のどちらかが死亡した時に金銭的に困ったことにならないかも考えておき問題がないのかのチェックはしておきたいものです。

 

 

共働きの夫婦(子供なし)の将来を考えた死亡保険・医療保険の選び方

 

共働きの夫婦でも子供が居ない場合には、今後の子供を産む可能性がある場合には、将来の子供の教育資金の貯蓄をするのがオススメです。また、住宅の購入をしたい場合にも、貯蓄をしておくのがオススメです。

 

この為、夫婦共働きで収入が多く、子育て、住宅ローンの支払いなどの支出が少ないうちに保険料も安くおさえて貯蓄をしっかりとしておくのがオススメではないかと思います。このような事から、死亡保険、医療保険は必要以上に高額なモノに加入する必要がないと思います。

 

 

 

無料の保険相談で見直しを行う

保険の見直しを検討しているが、自分で行うのが難しい方、家族の保険を見直したい方、中立的な立場にたって、さらに色々な保険会社の保険商品の中から自分にあった保険プランを提案してくれる無料保険相談が便利です。


メニュー

保険の選び方

ライフステージ別の保険の選び方

家族構成・仕事別の保険の選び方

保険の参考情報

■保険相談先の紹介