自営業者の独身者の保険の見直し・選び方

自営業者の独身者の保険の選び方・見直しについて

 

ここでは自営業者で独身者の人の保険の選び方や見直し方法を紹介しています。自営業をしていて独身者でも、特に若い世代の人の場合は、保険の必要性を感じている人は少ないかも知れません。これは、自分にもしもの事があったとしても扶養家族が居なければ、経済的に困る家族がいないためです。

 

自営業者で独身者の保険でオススメなのは、若い世代の人の場合は、将来の事を考えての終身保険などで保障の基礎を構築するのがオススメです。若い時には収入も少ないので保険料の支払いに無理をしないで基礎固めをするのがオススメです。そして、将来、結婚や子供の誕生などのようにライフスタイルに変化があった時に保障額を増やすように対策を取ることができます。

 

40代や50代などのそれなりの年齢の自営業者で独身者の場合には、年齢的にも保険料が高額になりはじめる年齢です。老後の準備を意識して保険に加入するのがオススメです。基本的には、基礎的な保障を終身保険で準備しつつ足りない部分はそのつど最新の保険で準備するというのもオススメな方法です。

 

 

自営業者の独身者の医療保険の選び方

 

自営業の人の医療保険の選び方としては、サラリーマンやOLなどのような会社勤めをしている人と比較すると健康保険などの保障が少ないので、医療保険の保障は手厚くしておく必要があります。もしも、病気や怪我で長期の入院をした場合には、自営業者の場合は、収入が途絶えることもあるので、その収入についても備えておく必要があります。

 

その為、医療保険の保障額を充実させるというのも良いですが、収入保障保険などとの組み合わせをして、もしもの時に備えておくの必要があります。

 

 

自営業者の独身者の死亡保険の選び方

 

自営業者の独身者の死亡保険については、特に扶養家族が居ないので、自分の葬式費用、相続費用などの費用を準備しておけば良いでしょう。この為、もしも、それなりの預貯金がある人の場合には、死亡保険は必要がないかも知れません。

 

実際に、自分が死亡した時には、どれくらいの金額が必要になるのかを計算し、その金額に預貯金などでは足りない場合には、死亡保険で準備するのが良いでしょう。

 

 

 

無料の保険相談で見直しを行う

保険の見直しを検討しているが、自分で行うのが難しい方、家族の保険を見直したい方、中立的な立場にたって、さらに色々な保険会社の保険商品の中から自分にあった保険プランを提案してくれる無料保険相談が便利です。


メニュー

保険の選び方

ライフステージ別の保険の選び方

家族構成・仕事別の保険の選び方

保険の参考情報

■保険相談先の紹介