自営業者の夫婦(子供あり)の保険の見直し・選び方

自営業者の夫婦(子供あり)の保険の選び方・見直しについて

 

ここでは自営業者の夫婦で子供が居る保険の選び方や見直し方法などについて紹介しています。自営業の夫婦の場合は、夫婦がそれぞれ病気や怪我で入院したり、死亡をした場合を想定して必要な保障額を検討しておくのがオススメです。また、子供が居るので、子供の生活費、教育資金などについても検討をしておく必要があります。

 

特に、自営業をしている場合には、もしもの時の家計のお金の不足分と事業のお金の不足分を検討しておく必要があります。サラリーマンやOLなどの会社員と比較すると自営業の場合は、健康保険などの公的な保障が充分ではないので、そのあたりの事を考慮して保険の選び方をする必要があります。

 

 

自営業者の夫婦(子供あり)の医療保険の選び方

 

自営業者の夫婦で子供が居る家庭の医療保険の選び方としては、夫婦のどちらが病気や怪我で入院した場合に必要になる保障額を、夫婦それぞれでシッカリと準備をしておく必要があります。また、子供の事も考慮する必要があるので、充分な医療保険が必要になります。

 

また、医療保険は、入院している時の保障です。その為、退院後の自宅療養をする時には医療保険の適応にはなりません。その為、収入保障保険や通院保障のある医療保険などを組み合わせて家計と事業に必要となるお金を保険の保障で補う必要があります。

 

さらに、老後の事を考えた場合の医療保険としては、国民年金から貰えるお金が月額7万円にもならないと言ったように貰える金額が少ないため、老後の保険料負担を減らす為にも60歳や65歳などに保険料の払込をしてしまう医療保険がオススメです。

 

 

自営業者の夫婦(子供あり)の死亡保険の選び方

 

自営業者の夫婦で子供が居る家族の死亡保険の選び方としては、まずは、夫婦のそれぞれが死亡した時に必要となる金額を明確にしておく必要があります。また、子供の生活費、教育費用もどれくらい必要になるのかを考えておく必要があります。

 

そのうえで、もしも死亡した時に必要になる金額の死亡保険に加入する必要があります。ただし、子供の生活費や教育費などのような一定期間のみ保障が必要な場合は、逓減型の定期保険などを利用して保険料を安くするのもオススメです。

 

また、子供の教育資金については、学資保険を活用する事で、親が死亡した時、親が生存している時の両方に備えることが出来るので、学資保険と死亡保険の組み合わせで準備すると、死亡保険の保障額を減らすことが出来るので保険料を安くすることができます。

 

 

自営業者の夫婦(子供あり)の将来を考えた死亡保険・医療保険の選び方

 

自営業者の夫婦で子供が居る家庭の場合の死亡保険、医療保険などの保険の加入、選び方については、将来への備えをしっかりと考えておくのがオススメです。自営業は、ある特定の期間は儲かるかもしれませんが、最近ではビジネスの流行廃りが早いので、早い時期からシッカリと計画を立てておくのが、将来、安心して生活が出来るようになります。

 

特に、自営業者の場合は、高齢になって老後を迎えるようになってからの事を早い時期から計画を立てて準備をするのがオススメです。なぜなら、早い段階から準備をする方が毎月の負担額が少なくなり無理なく準備が出来るからです。

 

死亡保険、医療保険などの保険に加入する場合には、若い時から老後まで必要最低限の保障を準備しつつ、子育て時期などの保障額が増える時期には、保障額の増額や他の保険で補うようにするのもお勧めです。

 

 

 

 

無料の保険相談で見直しを行う

保険の見直しを検討しているが、自分で行うのが難しい方、家族の保険を見直したい方、中立的な立場にたって、さらに色々な保険会社の保険商品の中から自分にあった保険プランを提案してくれる無料保険相談が便利です。


メニュー

保険の選び方

ライフステージ別の保険の選び方

家族構成・仕事別の保険の選び方

保険の参考情報

■保険相談先の紹介