自営業者の夫婦(子供なし)の保険の見直し・選び方

自営業者の夫婦(子供なし)の保険の選び方・見直しについて

 

自営業の人の夫婦で子供が居ない場合の保険の選び方、見直し方としては、サラリーマンやOLなどの人と比較すると、収入が安定しない、病気や怪我で入院したら収入が無くなる可能性があるなどのもしもの時のリスクが大きくなります。

 

その為、病気や怪我で働けなくなった時の収入減に備える、または、夫婦のどちらかが死亡した時以後の家計が不足する分の保障額を死亡保険で用意しておきたいものです。さらに、自営業者の場合は、事業についてもお金の必要性があるのかを考えておく必要があります。

 

自営業者の場合は、配偶者の事と事業の事と言ったように2つを考えて保険の見直し、選び方を考える必要があります。

 

 

自営業者の夫婦(子供なし)の医療保険の選び方

 

自営業者の夫婦で子供が居ない家庭の医療保険の選び方としては、もしも、夫婦のどちらかが病気や怪我で入院をした事によって、収入減に対策をしておくというのが大切になります。また、サラリーマンやOLなどのように健康保険や会社の保障などがしっかりしていないので自分で準備しておく必要があります。

 

また、夫婦のどちらかが入院した時に収入減る場合には、収入保障保険なども併用して、もしもの時にシッカリと対策をこうじておきたいものです。特に夫婦が2人で自営業をしている場合には、夫婦のどちらにもシッカリとした保障が欲しいものです。

 

 

自営業者の夫婦(子供なし)の死亡保険の選び方

 

自営業者の夫婦で子供が居ない場合の死亡保険については、もしもの時の家計のお金の不足を補うだけではなく、自営業の事業のお金の不足についても用意しておく必要があります。この為には、具体的に夫が死亡した場合、妻が死亡した場合と言ったように、それぞれのケースのライフプランを作成して、どれくらいのお金が必要になるのかを計算しておく必要があります。

 

 

自営業者の夫婦(子供なし)の将来を考えた死亡保険・医療保険の選び方

 

自営業の夫婦の場合は、特に老後の生活を考えた保険の選び方をしておく必要があります。サラリーマンやOLなどの会社勤めの人なら厚生年金がもらえるのでそれなりの年金額が貰えます。しかし、自営業の人の場合は、国民年金なので満額加入したとしても月額で7万円弱ぐらいにしかなりません。

 

その為、老後の生活を考えて預貯金などでお金を貯める、または、個人年金保険や国民年金基金などで自分で老後の年金収入を増やす努力をする必要があります。このように老後の生活費を考えた場合には、年金収入が少なくなる可能性が大きいので、保険の保険料の払い込みは、60歳や65歳までに済ませて、老後の支出を減らす工夫をするのがオススメです。

 

このような点を具体的に計算をしてライフプラン(人生設計)をして、どれくらいのお金を準備するのか、そのお金は預貯金か保険かなどの計画を具体的にシッカリと行なう必要があります。

 

 

 

無料の保険相談で見直しを行う

保険の見直しを検討しているが、自分で行うのが難しい方、家族の保険を見直したい方、中立的な立場にたって、さらに色々な保険会社の保険商品の中から自分にあった保険プランを提案してくれる無料保険相談が便利です。


メニュー

保険の選び方

ライフステージ別の保険の選び方

家族構成・仕事別の保険の選び方

保険の参考情報

■保険相談先の紹介