住宅購入 保険の見直し・選び方

住宅を購入した時の保険の選び方・見直し

 

ここでは、住宅を購入した時のように、大きなお金を使った時に参考にしてもらいたい保険の見直しや選び方の情報を紹介しています。住宅の購入とは、おそらく多くの人にとっては、一生で一番大きな金額の買い物になるのではないかと思います。そして、多くの人が住宅ローンを組んで住宅を購入するのではないかと思います。

 

このように住宅ローンを組んだ場合には、頭金としてそれなりのお金を支払うことになると思います。この為、住宅ローンを組んだ家庭は、多くの場合、預貯金の残額がかなり少なくなっているという可能性が高いです。

 

 

保険という商品は、お金持ちの為にあるモノだと思っている人もいるようですが、実際には、充分な預貯金がないような人の為にあるモノではないかと思います。お金をいっぱい持っている人であれば、病気や死亡した場合でも預貯金でお金があるので経済的な心配はないと思います。

 

しかし、預貯金があまり無い人の場合には、病気や怪我で病院に入院した場合には、病院に支払う医療費が大きな経済的な負担になります。この為、月々数千円の保険料で、もしもの時に備えるというのがオススメな方法になる訳です。このように考えると、住宅の購入で、住宅ローンを組、頭金に多くの預貯金を使った場合には、もしもの時は、保険で家族を守ることが大切になります。

 

 

 

住宅を購入した時の医療保険の選び方・見直し

 

住宅を購入した場合で、住宅ローンに多くのお金を使い、預貯金が少なくなった人の場合には、もしもの時の預貯金の備えが少なくなっているのではないかと思います。そのような場合には、もしも、病気や怪我などで病院に長期に入院する事になり、収入が減ってしまった場合には、医療費の支払いだけではなく、住宅ローンの支払いも厳しくなります。

 

このような事を考えた場合には、医療保険の保障内容を今まで以上にシッカリと見直しを行い、現状にあった保険の選び方をする必要があります。その為、住宅を購入した場合には、保険の選び方を再検討して、見直しをするのがオススメです。

 

 

 

住宅を購入した時の死亡保険の選び方・見直し

 

住宅を購入した時の死亡保険の選び方であったり、見直しの方法についてここでは見て行きたいと思います。住宅ローンで住宅を購入した場合には、以後の返済を行っていく必要があります。その時に一家の大黒柱の夫(妻)にもしもの事があったら、住宅ローンの返済が出来なくなると言う心配をする人もいるようです。

 

このような心配をする前に確認してもらいたい点があります。それは、住宅ローンを組む時に「団体信用生命保険」という保険に加入していないでしょうか?これは、多くの住宅ローンを組む場合に強制的に加入する事になっている保険で、世帯主の人が死亡した時に、残りのローンが帳消しになると言った保険です。

 

もしも、「団体信用生命保険」に加入しているのであれば、世帯主にもしもの事があった場合の死亡保険で住宅ローンを考える必要はありません。しかし、「団体信用生命保険」に加入していない場合には、死亡保険で高額な保障を準備しておく必要があります。この点をチェックしておくのがオススメです。

 

 

 

住宅購入後の将来を考えた死亡保険・医療保険の選び方・見直し

 

住宅を購入した後は、その住宅ローンの返済の為にしっかりと働く必要があります。また、住宅ローンの返済が大変で、他の事に気が回らないかもしれませんが、ある程度の年齢になってくれば、住宅ローンの返済中であっても、老後の資金計画、生活設計をしておく必要があります。

 

特に、老後を迎えると病気や怪我で入院するリスクは、統計的にも圧倒的に多くなるというデータが出ています。また、病気や怪我をした場合の治るまでの時間も若い時に比べるとかなり時間が必要になります。

 

この為、病気や怪我に備える医療保険の備えは、老後のもしもの時の経済的な安心を考えると大切になります。また、癌などの入退院を繰り返す病気になる可能性も高まるので、ガン保険など、若い時以上に保険での準備をする必要があります。

 

 

 

無料の保険相談で見直しを行う

保険の見直しを検討しているが、自分で行うのが難しい方、家族の保険を見直したい方、中立的な立場にたって、さらに色々な保険会社の保険商品の中から自分にあった保険プランを提案してくれる無料保険相談が便利です。


メニュー

保険の選び方

ライフステージ別の保険の選び方

家族構成・仕事別の保険の選び方

保険の参考情報

■保険相談先の紹介